鎌倉市 眼科 鎌倉小町通り眼科 白内障 緑内障

目の病気について

 

白内障

昔は「しろそこひ」と呼ばれ、進行すると外から黒目の部分が白くにごっているのがわかります。個人差はありますが、加齢とともに誰にでも起こる避けられない現象で、60歳代になると多くの人に白内障の症状が認められます。初期の自覚症状は、目のかすみやまぶしさなどです。白内障は目薬で進行を遅らせることができますが、白内障を治す薬はありません。生活に支障を感じるようになれば、濁った水晶体をとりだして、人工の眼内レンズを入れる手術を行うのが一般的です。最近の白内障手術はとても安全なものになっています。安心して医師に相談してみてください。

鎌倉小町通り眼科 TOP診療のご案内 院長・スタッフ紹介院内のご案内 目の病気についてアクセス

Copyright (C) 2010 Kamakurakomachidori Eye Clinic. All rights reserved.